版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

楽しい仕事(滋賀篇)

サンライズ出版の矢島と申します。
 
語研の高島さんが、ポット出版さんとの
コラボ企画
について書かれていました。

語研さんは『英語で秋葉原を紹介する本』で、
ポットさんは『英語で新宿二丁目を紹介する本』
おもしろい取り組みですね。

試しに当社新刊の『びわ湖検定公式問題解説集』も参考に滋賀版のネタ出ししてみると、

びわ湖検定

近江牛、フナずし、彦根城、ひこにゃん、近江商人…。

県全域でいくとネタの宝庫ではあるのですが、
秋葉原や新宿二丁目と並ぶサブカル的な(?)
本にするには、ひと工夫必要といったところでしょうか。

サブカルといえば、昨年3月に
『顔出し看板大全カオダス まちのキャラクター金太郎から「ひこにゃん」まで』
という長いタイトルの本を出しました。

顔出す

「顔出し看板」とは、観光地などによくある、
開いた穴から顔を出して写真を撮る看板のことで、
地域によっては「顔ハメ」とも呼ばれているようです。

この本では県内の顔出し看板をほぼ網羅し、
東京浅草や静岡花博会場など、県外の実例も紹介しました。
一見バカバカしいモノをマジメに分析し、
「顔出し看板は、地域の『物語』を再発見し、発信するツールである」との結論(?)に達しています。

この本の各都道府県版が出ると
おもしろいと思うのですが、いかがでしょう。
東京版ならサブタイトルは
銭形平次からエヴァンゲリオンまで」とか…。

ダメですかねぇ。

サンライズ出版の本の一覧

このエントリーをはてなブックマークに>追加