版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

未体験ゾーンに突入、異常あり!

 ♪トゥルルル トゥルルル
 休み明けの月曜日。朝9時30分。
 出社と同時の電話が事務所の空気を震わせています。

「精文館書店です。10冊、注文、お願いします」(同店は愛知県豊橋市が本店)
「ハッ……精文館さん……ですか」
「そうです。“まもなく宇宙人が到着します”を10冊、在庫ありますか」
 え!? 何? 10冊注文?
 おととい、土曜日に発売したばかりで?
「…ハ、ハイ、在庫、もちろん大丈夫ですが…」
 ようやく頭を整理した上で、聞き返します。
「すみませんが、発売3日ですが、仕入れ数と売れ数はどんな状況でしょうか? 今後、書店さんに対して適確に対応させていただくためにも、教えていただけるとありがたいんですが…」
「ちょっと待ってください……10冊入りで、土日で7冊売れです」
 ようやく事態が呑みこめたのでした。
 こんな追加注文の電話が3、40分くらいの割りでかかってきます。
 もう、ドキドキ、ワクワクです。一日中コーフン状態がつづきました。
 ほとんどというより、すべて大都市圏のターミナル駅近辺に立地する、大型書店からの電話による追加注文です。
 大型書店? そりゃそうだ、取次さんには、委託配本のパターンをそのようにしてほしいと、見本出しの仕入れ窓口でお願いしたのだから——。

とにかく、10年余りの出版活動で初めてです。
今回の新刊は、マスコミにはほとんど告知していません。広告もこれからです。ネットでのひろがりなど心当たりは、恥ずかしながら全くありません。
 過去、新聞広告を打った翌日に電話の集中が二度ほどありましたが。
 テレビ番組で紹介された翌日から、3日間電話が続々という状況も一度ありました。

 しかし、今回は全く予想がつかない早さで、2ケタの数字がバンバンとびかう追加注文でした。
 ちょっと恐ろしくなりました。
 へえ、こんな反応をひきおこす本て、あるんだ。あ、いや、感心してる場合じゃないですよね。

 3週間後も、ほぼ同じ状態で推移しています。お陰で重版7刷に至っています。
 この先、どんな展開になるか。
 未体験の悲しさ(といいつつ嬉しいんですけどね)で、暗中模索、いつ、どの状況で、どんな手を打っていけば、これで良しという結果をひきだせるのか、霧の中を航海中の心境です。

 いや、もう、こうなったら開き直ってやるしかないな。
 で、日ごろの口ぐせを自らにいいきかせているところです。
「失敗も貴重な経験。すべて“これで良かった”(過去)“ありがたい”(現在)“だから良くなる”“どんどん良くなる”(未来)」

 単純すぎる?
 それもオッケー。
 もし、いい知恵があれば、ぜひご教示ください。その節はよろしくお願いします。

ハギジン出版の本の一覧

このエントリーをはてなブックマークに>追加