版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

ネット書店の予約掲載、難航中です

 みなさま、4/7(土)午後3時5分からのNHKドキュメンタリー再放送「ありがとうの手紙」〜ひらがな詩人と苦労人力士〜、ご覧になりましたか。径書房では4月末に、このテレビに出演した、くりすあきら さんの新刊『ありがとうのてがみ』を予定しています。
 この本は、知的障害・肢体不自由などの障害を持つひらがな詩人・くりすあきらさんが、多岐にわたる人々に出した手紙をまとめた本。この手紙が本当にすごい。とっても面白くて、そしてジーンと感動してしまう。聖俗を併せ持つひらがなの文章に、思わず引き込まれます。さらにすごいのが文通相手。身近な人々をはじめ、石坂浩二さん、志村けんさん、元力士の琴冠佑なども掲載予定で、有名人の意外な素顔を垣間見たり。返事を書かずにいられない、あきら君の魅力ある手紙を、はやく皆さんにご覧頂きたいと思っています。
 話題性もあり、作品の力もある今回の新刊を放っておくわけにはいきません。とくに今回は、刊行前の4/7(土)にNHKのドキュメンタリーに著者が出演するため、テレビの後にネット検索が多くなることは必至。
 「この著者の既刊本『ぼくはてんさいかのう』と共に、インターネット書店に、新刊の予約画面を確保できるといいのに。」
 「インターネット書店の予約に取り上げてもらうには、どうすればいいんだろう」と思ったのが3月下旬。ここから始まって、版元ドットコムの、いろんな方々に、しつこく質問やらお願いをして、ご教授、お骨折りいただきました。ありがとうございました。
 今回は良い機会ですから、恥ずかしながら初挑戦の、ネット書店への予約掲載に取り組むことにして、まず、インターネット書店数社にメールで、新刊カタログ掲載の問い合わせを行なってみましたが、芳しくありません。ネット書店からのお返事は、あまりいただけませんね。それも、予約に力を入れていると聞いたところも同じ。公開されている窓口は、メールのみですから、お返事が無いことには、お手上げです。
 そんな中、無理を承知で、amazonの窓口である大阪屋EC事業部にお電話をしてみました。amazonへのカタログの予約掲載には、価格と発売日が決定していなければ、逆に危険だというご指摘を受けて、納得。予約は叶わなかったものの、とても親切に対応してくれて、感激でした。さらに翌日、EC事業部の仕入から、既刊本『ぼくはてんさいかのう』のご注文まで。本当に嬉ししくて、救われた気持ちです。
 結局、ネット予約でしっかり即時対応してくださったのは、版元ドットコムの事務局だけでした。テレビ放映前後の、期間限定で特別のお計らい、本当にありがとうございました。
 なんだ、やっぱり版元ドットコムの方々が、いちばん頼りになるんだな。と再確認をしたのでした。

径書房の本の一覧

このエントリーをはてなブックマークに>追加