版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

旅系出版社である

西日本出版社は、旅系出版社である。
前回、出会い系出版社と書いたばかりなのに、違うことを書いて申し訳ないです、でも思い返すと、うちは旅系出版社、というか、でもあるのです。

先週、日月と福岡へ。
先々週、神田の書肆アクセスさんに営業に行った時、H店長から。
「来週、福岡で「ぶっくおか」という本のイベントがあって、その中でやる「本の国体」と言う名のブックフェア、つまり地方発信の面白い本のフェアの、香川県代表におたくの「超麺通団3 麺通団のさぬきうどんのめぐり方」を選んどいたからね」のお言葉をいただいて、「?????」
急遽行くことにしました、よく分らんかったし。
それに、もう2年ぐらい福岡には営業に行ってないし。
熱かったですね。「ぶっくおか」。
なんでも、地元の版元さん勤務Aさんと、デザイン事務所さん勤務Bさんと、書店さん勤務Cさんの3人が飲んでた時、「本のイベントやろうよ」が盛り上がって、この企画になったそうで、大学生さん、OLさんのボランティアもてんこ盛り。
古本市あり、書店スタンプラリーあり、講演会あり、各書店に地元有数の本読みの人が選んだ本コーナーあり、読み聞かせも子供編とアダルト編があったり、そりゃ盛りだくさん。
打ち上げにも参加させてもらって、夜中までみんなで、本について語り合いましたとも。
もちろん、その後書店さん営業もし、「西日本新聞」さんや「シティ情報ふくおか」さんにもおじゃまして、本の紹介をお願いして帰ってきました。

そして火曜日大阪の書店さんを回って、水木金は、岡山、香川。
岡山は日販会参加のために行ったのですが、数週間前から「超麺通団3 麺通団のさぬきうどんのめぐり方」の香川からの注文が目に見えて増えてきたので、現状把握の為、香川の書店さんにも営業というか、ほんとはこっちがメイン。
やっぱり売れてましたね、さくさく補充注文をいただき、合わせて他の本も受注。
行く書店さん行く書店で、うどん談義で盛り上がる盛り上がる。
超麺通団シリーズを作るに当り、この4年間、3ヶ月に一回ペースで香川に行ってますもん。
ちなみに、超麺通団3の店内マップは、イラスト担当の浦谷さんと僕とで全部取材しています。
もちろん今回も、ロケハンを兼ねてさぬきうどんも食べました。
徳島との県境にある、山の家の松茸うどん、大人の味です。
現地では、映画「UDON」のセット横で、関連本を売っているという情報を得て現場に急行、残念ながらもうグッズしか売ってないということでしたが、売店のお姉さんが感激してくれて個人的に本を買ってくれました。

先月は、新刊「日本一うまい越前おろしそば そばびと」のプロモーションで2回福井へ。
この本は、福井放送の夕方のニュース番組の中で放映していた、越前おろしそばを巡るコーナー「そばびと」を本にしたもの。
一回目は、全日本素人そばうち選手権会場での出張販売。
二回目は、地元の老舗、勝木書店さんでの店頭販売。お客さんを集めるために、お店の前で、福井放送のキャラクター「ぴんとん」君の着ぐるみをかぶって、やりましたがな、握手会を2時間。最初は普通の汗だったのが、段々さらさらの汗になって、岩盤浴みたい。
この汗は、お肌にいいのか!シャワーなんかもちろん無いので、そのまま着替えて、後店頭で「そばびと、買ってください」と叫びながら6時間。がんばりました、ほんま。
着ぐるみをかぶりたかっただけでは、の疑問、否定しません。
翌日、おろしそばを巡ってロケハン。地域ごとに微妙に違うんですよね、やっぱり。
雪が降る前に、もう一回行かんとあかんなあと思っています。

思えば、「車で回る四国八十八ヵ所」と、「私のお遍路日記 歩いて回る四国八十八ヵ所」を同時発売したときには、事前営業で中国四国合わせて40日余り営業しました。
私のお遍路日記の著者佐藤さんがお遍路で回ったのも40日あまり。
営業お遍路です、いや、お遍路本の営業です。
一日車で走り回って注文とって、夜、携帯の旅の窓口サイト(当時)で、5000円以下の宿を選択して、予約宿泊。
発売後、講談社のIさんから、「大分で「週刊お遍路」が売れているよ」の情報を聞いた翌週、大分へ飛び、書店さんに営業に行った時もあったなあ。
そして、「大分合同新聞社」と「シティ情報おおいた」編集部におじゃましての商品プロモーション後、記者さんや編集部のみんなと大宴会。
結果は、営業費を使いすぎて赤字やったけど、めちゃめちゃ楽しい日々でした。

大阪たこ焼33カ所めぐり」の時は、全国各地のマスコミから取材依頼をいただき、やっぱり営業を兼ねて、著者とともに新聞取材を受けたり、ラジオに一緒に出たり、旅をしてました。

実際、事務所には、土曜日に数時間ぐらいしか行ってません。内勤担当にすべて任せています。

おっと昔の話はこれぐらいにして。

来週は、再び香川そして徳島。
その翌週は名古屋予定。

書店さん営業、地元マスコミへのプロモーション、そして、やっぱり出会い系なんよね、そこで出会った人との本作りと取材。

表情が見えない電話が苦手なので、
あるエリアからのスリップ注文が増えたなとか、地方マスコミから本の紹介依頼があったとか、類書がその地域で売れているという情報とか、著者からの問い合わせとか、なんかあったらとにかく行ってみる。
これがうちの流儀。
取次さんの支店で門前払いをくらったり、書店さんで露骨に小さい版元は嫌と言われたりもあるけど、まあ、突然飛び込みで行くねんからしゃあない。
そんな日は、もう一日ブルーで何もする気がなくて、チェックイン時間にホテルに飛び込み落ち込みますけど、翌日には復活。

地元の本のラインナップもまだまだ増殖中、だから、まだまだ旅は続くのです。
こうやって書き起こしてみると、行き当たりばったりもええとこやけど。
行くと何かと出会えるし、そこから企画が湧いてくる。やっぱりうちは、旅系出版社やな、と思う今日この頃でございます。出会い系でもあるけど。

このエントリーをはてなブックマークに>追加