版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

多様化する出版流通、だからこそ……

トランスビューは、版元ドットコムへ四年前の創業当時から参加している。
なぜか。トランスビューが小売店との直接取引をはじめるに当たっては、課題があった。
その解決の糸口を版元ドットコムの活動に求めたのである。

私はかって、稼動点数が1,000タイトル以上ある老舗版元に勤めていた。そこでは、明治・大正期に刊行した書籍の重版は日常茶飯事。初版から、数十年経てもなお需要があったのだ。
ではその需要はどこから来るのか。書店経由での客注品が圧倒的に多かった。読者は、どこからか本の情報を入手する。書店は、どの出版社から刊行されているかを調べて注文を出す。この「調べ」「注文を出す」ための唯一のツールが、書誌情報なのである。 

ところで現在、国内で使用されている書誌情報データベースは、大きく分けて2種類。社団法人日本書籍出版協会が収集管理するものと、取次会社のそれだ。前者を公的、後者は私的なデータベースと言っても良いだろう。このうち、販売現場で主に利用されるのが後者の取次系データベースである。この構築は販売行為に直結し、極力ムダを省いている。はじめから販売することが出来ない書籍の情報は、このデータベースには登録されていない。つまり、その書誌情報を登録している取次会社が、取り次ぐルートを持たない書籍については、データが存在しないのだ。

販売現場で検索したときに、該当の書誌情報があれば取次会社や出版社へ発注し、なければ多くの小売店では入手を諦めてしまう。購読者も然りだ。取次ルートを全く使用しない出版物の場合、取次系データの検索で書籍を見つけ出すことが出来ない。ここで探すことを諦めてしまう書店では、その書籍は、「調べのつかない書籍」=「世の中に存在しない書籍」にされてしまうのだ。

トランスビューの直接取引方式の課題は、まさにここにあった。
いかに、小売店や読者の使う書誌データベースに、自社の本を登録するか。それがその本が「在る」ことの証明だからだ。いわば、版元にとってデータベースに書誌情報を登録することは、子供が生まれた時に、出生届を出すのと同じなのだ。

現在トランスビューの書籍は、国内の主要な書誌情報データベースで出生証明を得ている。やがて、死亡届を出さねばならない時もやって来るだろう。だが、かってその本が公にされ、そして役割を終えた事実は、時を越えてデータベースに刻まれるのだ。出生届を出して、死亡届を出す。それを生み出した者(出版社)の当然の務めである。

さらに、その本と、どうすれば出会うことが出来るのか。本と読者の仲をとりもつ書店へ、その方法を開示すべきだろう。その本は出版されているのか。入手が可能なのか。どうすれば入手できるのか。小売店が、この情報を速やかに確実に得ることは、間違いなく顧客サービスに繋がるはずだ。

これが、トランスビューが版元ドットコムへ参加し、後に幹事社を引き受けた最大の理由である。

今のところ、版元ドットコム経由で提供する書誌の基本情報は、私企業が管理するデータベースにとっての第一次情報とは、なり得ていない。
しかし近い将来、公的なデータベースと私的なものとの境界を無くすことで、本を生み出した者が、責任を持って、手間なく、出生届を出すことが出来そうだ。出版業界全体が参加し、日本出版インフラセンター(JPO)がリードするこうした取り組みでは、版元ドットコムの幹事社であるポット出版・沢辺均氏、会員社の語研・高島利行氏が、出版在庫情報整備研究委員会の専門委員を務めている。そしてより早く正確な情報を提供しうる出版社の立場からの、活発な活動により少なからぬ影響を与えているのだ。

出版社の役目は、印刷された紙の束を綴じて終わりではない。
それをパブリックなものとし、読者と巡りあう最大限のチャンスをつくり、場合によっては最後を看取る。
そのための最低限の責任が、版元自身が労を厭わず、書籍についての正確な情報整備を積極的に進めてゆく事だ。そして版元ドットコムの活動は、その労力を劇的に軽減し、より付加価値をつけて行くことなのである。

このエントリーをはてなブックマークに>追加