版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

韓国映画『大統領の理髪師』

 先月、初めて映画の試写会というものに行ってきた。といっても、私が招待されたわけではなく、ある人が「今晩、韓国映画『大統領の理髪師』の試写会があるのだが、私はどうしても行けない。誰か行く人はいるか」というので、どんな映画か知らないが、タダで映画を見られる機会を、みすみす逃すはずもなく、すかさず「わ、わたし、行きます!」と手を挙げて、今日中にかたずけようと思っていた仕事をほっぽりだし、試写会会場へと急いで出かけていった。
 でも正直、「タダ」ということで勢い込んできたものの、最初はどんな映画か不安であった。ところが、ところが、オープニングから最後まで、ユーモアあり、涙あり、また涙ありと、ホントいい映画だったのだ。私などボロボロ泣いてしまった。(30過ぎの男が肩をふるわせて一人で泣いてる姿はさぞかし異様だったことだろう)

 というわけで、せっかくの試写会に行く機会を与えてもらって、久しぶりにいい映画に出会えたのに、私一人が泣いたというだけではもったいないので、僭越ではありますが、この場を借りて、この映画の宣伝を少し。
 まず、時代は1960年代初頭から1970年末までの約20年間、激動の韓国現代史が舞台だ。家族を愛するごく普通の真面目な床屋が、ひょんなことから朴正熙大統領の理髪師になってしまうという設定。この間に不正選挙、クーデター、暗殺と歴史的な事件が次々おこるわけだが、そのつど、主人公の理髪師は国家権力に振り回されて滑稽なほどオロオロしていく。それが理髪師の子どもの目をとおしてユーモアたっぷりに語られる。(またこの理髪師を演じるソン・ガンホがいい。昨今の韓流スターのような二枚目ではけっしてないけれども寡黙で真面目、だけどちょっとほっとけない父親を好演している)
 リアルタイムでこの時代に青春をすごした世代の方々はもちろんノスタルジーを感じておおいに楽しめると思うが、実はこの映画の監督は69年生れなのだ。韓国の厳しい時代の史実を題材にして、歴史は苦手というような20〜30代の同世代にこそ、「過去」を振り返り「現在」をどう生きるかメッセージが託されているのだと思う。
 政治とは関わりなく、ただ一生懸命に働き、家族を愛し、誠実に日々を生きようとする庶民にも国家権力が否応なく介入してきた暗い時代のハナシ。でも今、某国のブッシュ大統領は世界中を恫喝し、グローバリゼーションの名のもとに急速に世界は変わっていく。小心者の一庶民である私としても、生活と権力について考えずにはいられなくなのだ。

この映画、来春ロードショーということです。
韓流ブームは相変わらずですが、その中でもオススメです。(だと思います。「冬ソナ」など見ていないので何ともいえませんが)
是非ご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに>追加